一時帰国 wifi

日本への一時帰国の時に使えるレンタルwifiルーター

※※※※※ 以下の記事は情報が古いです。下の記事で紹介しているサービスは結構良さそうな感じだったんですけど、消費税が8%になったからか?どうなのか分かりませんが、料金やプランが変更になってしまいました。料金的には他のサービスの方が安かったりしてしまうので、今のところ調査中です。2014年7月〜8月の一時帰国で良さげなものを利用して、また記事更新したいと思っています。 ※※※※※

 

追記:ちなみに今のところ、モバイルゲートさんの30日プラン(往復送料込みで5,000円!)が候補に挙がっています。2週間プランだと4,000円だそうです。イーモバイルは速度制限が気になるのでWiMAXかな、という気もしますが、今のところはこちらでいこうかな、と思っています。他にいいところがあったり、利用してみた感想などをまた更新させて頂きます。

 

----------------------以下、古い情報の記事です。----------------------

 

日本へ一時帰国するときのインターネット環境はどうしていますか?

 

実家にあるインターネット環境やホテル、ウィークリーマンションにあるwifi環境を利用される方も多いと思います。

 

ですが、この方法だと移動中や出先などで調べたいことがあっても、日本にはまだフリースポットという概念が浸透していないので使えません。

 

wifi環境はあるのですが、プロバイダーと時間契約して使う、という形になってしまうことが多いです。

 

在住国ではスマホやタブレットを回線契約してどこでもネット環境を利用されているかと思います。

 

日本での一時帰国中にも同じような環境を使いたいと思ったら、携帯用のwifiルーターをレンタルしてしまうのが便利です。

 

インターネット回線がご利用日数に応じてレンタルできる→WiFi-HIRE.com

 

成田、羽田国際線、中部、関西、新千歳空港であれば、4日前までに申し込めば空港での受け取りも可能で便利です。
(ちなみに返却は空港に入る前にコンビニなどで宅配手配するのがおすすめ。手数料節約出来ます。)

 

もちろんホテルやウィークリーマンションなど希望の住所にも送ってもらえます。

 

料金は5日間区切りで設定されているので、帰国の予定に合わせて借りられます。

 

また、滞在期間が延びた場合にも延長出来ます。

 

端末はWiMAX(ワイマックス)、イー・モバイル、FOMAと3種類あるので、滞在場所がサービスエリア内にあるかどうかチェックしてから選ぶとよいでしょう。

 

帰国期間が1ヶ月を超えるようであればこちらがおすすめです。

 

インターネット回線を1ヶ月からレンタルできるe-ca

 

期間に応じて、WiFi-HIRE.comとe-caを使い分けるといいです。

 

一時帰国におすすめ!レンタルwifiルーターの使い方

上記ホームページから希望の端末を選んで申し込んだら、翌日かその翌日には届くと思いますので、

 

端末の電源を入れて(要充電)、ご利用のスマホやタブレット、ノートパソコンからwifi設定画面でレンタルした端末名を探して箱に書いてあるパスワードを入れるだけです。

 

これだけでそのwifiルーターを持っていればどこでもネットにつなげます。(※サービスエリア内であれば、ですね)

 

筆者が試したところでは、新幹線の中でも結構使えました。
東海道だとほぼ全域で使えますし、山陽・九州新幹線だと駅に停車しているときとか大きめの町を通過しているときは使えました。
でも、結構トンネルが多いので使えない時間も多かったですね。

 

使用後は送られてきたときと同じように箱に入れてコンビニなどから宅配便で返却すればOKです。

 

とっても簡単に使えてとっても便利なので、一時帰国中のwifi環境はどうしようか?と考えていたらぜひチェックしてみてください。